音楽が好きな私は、いつも気分によって聴くアーティストを変えます。
今までその魅力に気が付かなかった曲も、その時の気分やテンションによって、ある日突然その曲の良さに気づいたりするものです。
今日もそんな出来事がありました。
今まで特別に好きではなかった曲が、すごくいい曲だと思えたんです。
きっと今の私の気分に合っていたのでしょう。
そうやって、好きな曲というのは増え続けるから不思議です。
アナログな発想かも知れませんが、私は歌詞カードを見ながら、ヘッドホンで大音量にして音楽を聞くことが大好きです。
それが1番その音楽の世界に浸れると思うからです。
そういう意味では、CDジャケットというのもその音楽の世界観を表現するものだと思うから、デザインは大事だと思うんです。
今はもう配信の時代なのかもしれないですけど、やっぱり私はCDが好きなアナログ人間のようです。