忙しい日々を送っていると、つい忘れてしまいがちになるのが、自分自身の健康ではないかと思います。

病気で入院したり、入院までいかなくても体調を崩して、普段の生活に支障が出始めると、改めて健康のありがたみを実感するようにもなります。

生きていく上で確かにお金は必要ではありますが、そこには健康であることが大前提となってきます。

健康でなければ仕事もできないし食事もできません。普段何気なくしていることができなくなるということは、本当に大変なことなのです。

40代に突入し、私も人一倍健康に気を使うようになってきました。職業柄の影響も確かにありますが、それにしても健康は何にもまさる宝なのです。

健康に感謝して、毎日を一生懸命に生きていきたいと、そう心から願っています。