高齢者・彦市のブログ

広大な土地を使った大アンテナがあった!?

昔のことですが、愛知県刈谷市(昔は依佐美村)に、高さ250mの鉄塔が8本建っていて、頂部に細い銅線のアンテナ素子が長手方向に16本並列に展張されていました。
そして、アンテナ線の真下には、地下60cmの位置に銅のアース線が網目状態に埋設されていました。
その広さは、横幅700mで長手方向に1,800mでした。(東京ドームの27倍の面積

これが、長波送信所「依佐美送信所」の「逆L型アンテナ」でした。

 

この用地は借用されていたので、地主は耕作が許されていました。
太平洋戦争中と戦後の食糧難の時には、地主は賃貸料と合わせて潤ったことでしょう。

 

地上からはアンテナ線が見えないので、何を目的とした鉄塔か知られていませんでした。
昭和27年に航空法が改正されて「航空障害灯」が設置されてからは、名鉄電車や国鉄東海道線に夜間乗合すと、8本の鉄塔が目立つようになりました。
そして、地元民のシンボルマークとなっていました。

[関連記事]

珍しい長波送信所の設備研究

上記「グループバナー」のクリックをお願いします。

より多くの人に私の記事が伝わり、励みになります。