ハイシニアからの発信

リタイヤ後のパソコン生活で高齢者の仲間を求めています。

高周波発電機の定速度運転を必要とした!?

高周波発電機の回転数が変動すると、発信電波の周波数の変動につながります。
発信電波の周波数が変動すると、相手の受信所では、受信信号が不安定になり、受信不能にさえなります。

そこで、高周波発電機の回転数を正確に制御するために「ワードレオナード方式」が採用されていました。
依佐美送信所」では、回転数の変動率が ±0.02%で制御されていました。

回転数が変動する要因は、モールス信号のMARK とSPACE に合わせてアンテナ入力が100%と50%の2値変動することでした。
その他の要因として、電力会社からの高圧電気の電圧降下や周波数低下もありました。
当時の電力事情は、現在とは大違いであり、家庭向けの電灯負荷が大部分を占めていました。
従って、供給電力の許容幅も緩やかでした。

 

ワードレオナード方式」は、直流発電機の励磁電流を制御することで、発電電圧を変化させます。
高周波発電機の設定回転数との差を検出して、直流発電機の励磁電流を増減させる「フィードバック制御」でした。
この方式は、後に、製鉄所における鋼板圧延機の駆動制御にも使われました。

下図は、ワードレオナード方式のシステム説明図です。

[関連記事]

珍しい長波送信所の設備研究

上記「グループバナー」のクリックをお願いします。

より多くの人に私の記事が伝わり、励みになります。